日本社会が高度成長期に入ってから、コピー機は増加の一途をたどっています。商店街の小売業の店舗から大企業に至るまでコピー機を使用して様々な仕事が行われています。それまでは納入や販売実績、販売数や税務署の対応名でも何でも、ノートに手書きをしてそれをファイリングしていたものですが、コピー機の導入によってその作業の煩雑さが大幅に減少し、事務作業も短時間で行えるようになりました。それが人件費の削減にもつながり、一台あるだけで人員数人分の作業を効率よくきれいに手早くやってくれるようになったのです。

しかしながら、コピー機は高価な精密機械であり保管や点検などのメンテナンスを必要とするものです。中小企業になると台数を揃えるだけで莫大な金額を要することになり、素人たちではメンテナンスも十分に行えずちょっとした機械のトラブルで混乱が生じてしまします。そこでレンタルで機械を利用するケースが圧倒的に多くなりました。大手のコピー会社ではレンタル事業にも力を入れていて、年契約で店舗にコピー機を利用してもらい使用料を収入としているのです。

各企業には会社から担当者が任命されて、レンタル機器の全般のメンテナンスも引き受けてくれています。定期的に担当者が企業に出向いて、不具合やインクの残量などのチェックもしてくれますので安心して相談したり連絡を取ることが出来るのです。設置場所と機械の担当者は互いに連絡を取り合っているので、少しの不具合であれば電話対応のみで済むことも多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です