オフィスで使うコピー機の導入に、レンタルを検討する会社も多いことでしょう。最近ではペーパーレスの推奨がされているようですが、やはり紙の利用にはそれなりの利点があります。現在の企業様用コピー機には様々レンタルなサービスがありますので、条件に合った導入の方法を決めるべきです。似たような導入方法にリースという契約方法もあります。

リースというのもコピー機を始め様々な物品を借りて使用するやり方ですが、どちらを利用すればいいのかに悩む方もいらっしゃるでしょう。リースの特徴はとにかく契約期間が長いことです。3~5年単位での使用を前提とする会社もありますので、購入と変わらないかもしれません。ただし、長期契約なので安くはあります。

注意点として、審査が必要でそれが手間となるかもしれません。一方レンタルは、短期間の使用でも大丈夫です。期間満了になった時点で条件が合わないなどの理由で契約する会社を変更することもできますし、途中での契約解除も可能です。この身軽さがレンタルの大きな利点です。

リースよりも高価ですが、高くつくといっても1ヶ月間5000円から20000くらいで借りられる会社もあり、そこまで予算を圧迫するイメージでもありません。信頼できる会社や商品があり、安い価格で長くお世話になりたい場合はリースという手もあります。一方で、短期間での交換が可能ですぐにコピー機が欲しい場合にはレンタルの利用を考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です